日本の歌謡曲(演歌)などメロディーの間や間奏部分に

 ギターのフレーズがよく入って来ます。

 ロック調のひずんだエレキ音も多いですが

 やはり哀愁を帯びた生ギターの音が何とも言えません。

 これが”レキントギター”です。

東京ロマンチカの鶴岡雅義さんで皆様おなじみとおもいます。

サザンクロスのヒット曲”意気地なし”の間奏はまさにこれでありまして

 レコードは美空ひばりさん等の演奏で有名な木村好雄さん(故人)です。

現在、”大前あつみ&サザンクロス”のレキントギターは赤坂健一です。
akasaka.jpg


 ”星の河”ニューバージョンで彼の演奏を堪能してみてください。

大前あつみ&サザンクロスのアルバム タイトルにもなってる

 ”ひとりがつらいの”は 鶴岡雅義 先生の作曲です。
大前あつみ&サザンクロス
日本クラウン
2002-11-21
powerd by Amazon360


 音楽や癒しの音源はこちらでどうぞ
ショップ音声-onsei-

青い文字をポチして下さい ヨロシク!⇒FC2 ブログランキング

 
 
関連記事
スポンサーサイト